スポンサードリンク

2016年04月13日

番長を理解できる男、江夏豊。

同じ覚醒剤で逮捕された江夏さん。



清原和博元選手の気持ちがわかるとのこと。



大きすぎる一度の過ちだが、



更正して、野球に恩返ししてほしい。



 



江夏豊は一度の過ちで立ち直った…その「事実」こそが清原和博へのメッセージ

 プロ野球の元スター選手、清原和博被告の覚醒剤事件による球界の信頼失墜は想像に余りあるが、今から四半世紀前のこと、伝説となった「江夏の21球」で知られる左腕、江夏豊も覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された。不世出の打者と球史に名を刻んだ投手。2人のキャリアには共通点が多く、引退後は輝かしいキャリアから「名球会」会員になった(江夏は逮捕時に脱会したものの、のちに復帰)。江夏は過去の過ちについて多くを語らないが、「失敗しても償うことはできる」と肝に銘じて復帰を果たした。二度と同じ失敗をしないという「鉄の意志」こそが、清原にとって最大の手本となる。



■他人の痛みを理解できるか



 阪神→南海→広島→日本ハム→西武。「球界の渡世人」といわれた江夏は36歳でメジャーに挑戦したが、夢破れた。一方の清原も“山あり谷あり”の野球人生を送り、チーム内で反発を繰り返した。葛藤と苦悩の末に3球団を渡り歩いた。引退から8年後に“魔が差した”としか思えない不祥事を起こしてしまう点でも両者は一致する。



 『善と悪』(メディアファクトリー)。いささかセンセーショナルな題名の本がある。ノンフィクション作家の松永多佳倫が江夏の野球半生に鋭く迫った。最終章の「罪と償い」で最大の“恥部”ともいうべき「あの日」について答えている。



 「なんでそんなことをしたのか、今から考えるとバカだったなと思うけど、これはもうそのときの心理状態とか環境とかいろんなことがあって、自分でそういうものに走ってしまった」「過去のものすべてを失って刑を受けて自分で償ってきた。出てきて、またゼロから今現在までに至っている。できることなら自分はそういう苦しみ、痛みのわかる人間でありたいな」



 2年4月という実刑判決。プロのマウンドで築いてきた地位も名誉も失いかねない重い「代償」だった。刑期をまっとうした江夏は二度と同じ過ちを犯さないと良心に誓った。「失敗を犯しても必ず更正できる」ということを自ら示し、球界の表舞台に這い上がってきたのである。



 現在、野球評論家としての江夏が最も大切にするルールが「他人を裏切らない」という大原則だ。「情報源を持っている人間を大切にすることが、ひいては貴重な情報を得ることにつながる」。選手時代は球団の監督・コーチに裏切られ、引退後は図らずもファンや関係者を裏切ってしまった江夏の言葉だけに説得力にあふれる。



■証言台に立つのは誰か?



 球界事情に詳しいある出版関係者は「清原事件によって、似たような過去のある江夏のことが一部で論じられている。2人が名を連ねる名球会はさぞ困惑し、安易に手を差し伸べられない状況だと想像する。そもそも、名球会という組織に不信感を抱くファンは多く、入会の条件が“後付け”で変わるなどスポーツマンシップと少しかけ離れている。清原事件によって、名球会が『人徳』を映しているわけではないことも露呈した。事件のほとぼりが冷めるのを待っているような印象すらある」と懐疑的に話す。



 江夏の裁判では「鉄人」衣笠祥雄(元広島)が親友として証言台に立ち、寛大な処置を訴えたとされる。清原の初公判は5月17日に行われる予定だが、球界の誰が情状酌量を求めて証言台に立つのか、早くも注目されている。引退後、江夏以上に敵の多い清原だけに「あえて腫れ物に触りたくない」という心理が透けてみえる。



 清原によると、巨人から放出される際に球団側からきちんとした説明はされずに、事実上の「戦力外」だったという。江夏同様、清原の現役時代の晩年は孤独と寂寥感が漂い、引退後はまさに“一匹狼”のようだった。それだけに、清原と関わりのあった野球人たちの心あるサポートが不可欠のように思えるのだが…。

posted by 内田 at 02:32| Comment(0) | スポーツ 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。