スポンサードリンク

2016年04月14日

【速報】熊本 震度7! 余震続く。

熊本で、震度7の地震発生。



震度7?!!



今まで聞いたことのない数値。



だが、津波の心配はないそう。



ただ、交通網や、電気、ガス、水道といったインフラ面には影響がでている模様。



皆さんの安全と早期復旧を祈っています。



 



突然の揺れ熊本悲鳴 交通混乱、電話不通 益城町震度7

 かつてない激しい揺れが九州を襲った‐。14日夜、熊本県益城町で震度7を記録した地震。新幹線などの交通網は乱れ、電話は不通に。「めちゃめちゃ怖かった」「地響きのような音が聞こえた」。断続的に余震が続き、市民は不安な夜を過ごした。



【地図はこちら】九州各地域の主な地域震度



 熊本市南区の古本店では本棚がばたばたと倒れ、DVDや本などの商品が店内に散乱した。同市のマンション6階に住む池田翼久さん(73)は「激しい揺れ、食器棚の皿がすべて落ちた。余震もあり恐ろしい」と話した。



 同市の60代主婦も「ベッドに寝転んでいたら激しい揺れで驚いた。『ゴォー』という地響きのような音が聞こえて、今もその音が続いて怖い」と声を震わせた。



 震源地に近い熊本県益城町に住む福祉施設職員の吉良忠芳さん(41)は「自宅2階で地震に遭った。家が崩れると思うぐらい、めちゃくちゃ揺れて、2階から飛び降りようかと思った。家の中は家具が倒れてぐちゃぐちゃだ」と話した。



 帰宅途中に益城町を通りかかった同県御船町に住む会社員男性(34)は「神社の鳥居が倒れ、道路もひび割れていた。所々で叫び声が聞こえた。家も倒壊していて人が生き埋めになっていないか心配だ」と語った。



=2016/04/14 西日本新聞=

posted by 内田 at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

東京でサクラ開花! 平年より5日早く 暖冬だったから?

暖冬だったから?



東京でも早くも開花!



桜が平年よりも5日早いとのこと。



ただ、



感覚的には最近寒かったこともあり、、



平年よりもっと早く開花したように思った



けど思えば、もう3月下旬。。



卒業式も終わってますし、



入学式まではもってほしいですね。



 



 



東京でサクラが開花 平年より5日早く 気象庁

 気象庁は21日、東京でサクラが開花したと発表した。平年の3月26日より5日早く、昨年の23日よりも2日早い開花となった。



【写真】開花した標準木のサクラ=21日午前、東京都千代田区の靖国神社、西畑志朗撮影

posted by 内田 at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

アーロと少年 主題歌「Best Friend」の歌詞が・・・。

アーロと少年のエンディング曲にKiroroの「Best Friend」が使われている。
そして、映画のストーリーにもマッチしている。

じつは、この曲は、朝の連ドラでも有名な「ちゅらさん」の主題歌でもある!
名曲は、色あせないですね。

Kiroro玉城「『Best Friend』の時期がいちばんつらかった」

 ミリオンヒットしたデビュー曲『長い間』や『未来へ』など、誰もが口ずさむことのできる作品を数多く生み出してきたKiroro。彼女たちが手がけた名曲の中でも、いまや節目のタイミングで歌われる曲となった『Best Friend』が誕生して15年。



 映画『アーロと少年』の日本版エンドソングに選ばれ、新録した名曲の裏には彼女たちが乗り越えたからこそ見えてきた光景があった。



玉城「主婦のお供ですね! スーパーマーケットや銀行なんかに置いてあって、目が行きますもん」



金城「確かに(笑い)」



 持参した週刊女性を渡すとすぐに、笑顔で話してくれたKiroro。



 高校の同級生であるふたりが'95年に結成したグループ、Kiroro。'98年に『長い間』でメジャーデビューすると、じわじわと人気が拡大していきミリオンセラーを達成。紅白歌合戦に初出場した。



 その後、数々の名曲を生み出してきたふたりにとって特別な意味を持つ『Best Friend』の新バージョンが、映画『アーロと少年』の日本版エンドソングに採用された。



玉城「最初から最後まで愛情がぎっしり詰まっている作品で、お話をいただけたことは、本当に光栄でした」



金城「ストーリーの余韻のある中で『Best Friend』が流れてくるのを聴いたときは、本当にうれしかったです。ストーリーともリンクしていて」



 映画は、6500万年前、地球に巨大な隕石が衝突しなかったらという仮説の世界を舞台に、絶滅することなく文明と言葉を持った恐竜アーロと、それらを持たない人間の少年スポットとの冒険を通して結ばれる友情を描いている。



 身体は大きいけれど弱虫なアーロと、小さいけれど怖いもの知らずのスポット。ともに3児の母となった彼女たちは、母親目線で作品を見るとともに、アーロとスポットそれぞれを自分のキャラに重ね合わせていたそう。



玉城「アーロとスポットのように、私たちも友達として出会って、いろいろなことを乗り越えてきた。ふたりだから乗り越えてこれたと思うんです」



 どっちがアーロでスポットということではなく、ときにアーロになり、スポットになり、その瞬間によって立場を変え、支え合いながら音楽活動を続けてきた。



玉城「ちょうど、今回の『Best Friend』を発表した15年前、のどを痛めていたんです。デビューしてからいちばんつらい時期の真っただ中でしたね」



 もともとは、国仲涼子が主演したNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』の主題歌を歌ってほしいというリクエストを受け、誕生した曲。



玉城「主人公のえりぃが沖縄から東京へ上京することで成長していく話と聞いて、私たちも同じように東京へ来て、いろいろなことがあったよなって振り返りながら作った曲です。そして、こうやって頑張ってこられたのは、アヤ(金城)がいてくれたからだなって思って。最初は、恥ずかしくて見せるのをどうしようかなって思った作品でした」



 歌詞が誕生するのはいつも“苦しみぬいたうえで、頑張ろうと思ったとき”と教えてくれた玉城。そこから、多くの人が感じるKiroroの曲がもたらしてくれる癒しとパワー。



玉城「苦しみながら生み出すんですけど、歌うときは私も癒されています(笑い)。私が癒されて、感動して、助けられているんです」



金城「そう、私たちも浄化されているというか、(嫌なものを)流してもらっている気がする。自分たちが曲に寄り添って、感じているからこそ、同じ強さで聴いてくださっている方にも伝わるんじゃないかと思っています」



撮影/吉岡竜紀

posted by 内田 at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。