スポンサードリンク

2016年03月24日

世界ジュニア女王・本田真凛と太一兄妹の成長に密着!

いま真凛フィーバーが起きている!



自ら「目標以上の結果が出て実感がわかない」



と話すくらいのことをやってのけた、本田真凛。



言わずと知れた、本田望結の姉である。



この二人はお互いを尊敬しあい、切磋琢磨している感じが



見て取れる。



一方で、本田真凛と同じく強化指定選手になっている



兄、本田太一との関係はどうか。



兄は、怪我からの復帰でもがいている。



妹、真凛の晴れ舞台(2015年12月に開催された全日本選手権)に



兄の姿はなかった。。



兄の意地をみせてほしい。



 



世界ジュニア女王・本田真凛と兄妹の成長に密着!

 「世界ジュニアフィギュアスケート選手権2016」で初出場、初優勝という快挙をなしとげた本田真凛(まりん、14)。その世界ジュニア女王と兄妹の成長に密着した「フィギュアスケート本田4兄妹『わたしたちのレベル4』〜シーズンII〜」が、26日午前9時55分からフジテレビ(関東ローカル)で放送される。



 4兄妹がフィギュアスケートで紡ぐ笑顔あり、涙ありの成長記録。昨年3月に特番として放送され好評を博したシーズンドキュメンタリーの第2弾となる。



 “レベル4”とはフィギュアスケートのスピン・ステップの判定における最高評価のこと。真凛の成長と壁にぶつかり苦しむ兄、本田太一を中心に「変化していく家族の形」を描く。



 真凛のジュニアデビューシーズンは、わずか1年の間に身長が10センチアップ。そして世界ジュニアの金メダル獲得。その裏側には心の成長をとげた真凛の姿があった。



 一方、兄の太一は高校2年生。ケガから復帰したものの、めざましくレベルアップする男子フィギュア界の中で結果を出せない日々。スケートを続けるのか、止めるときが来るのか、将来の選択を迫られる年齢になってきた太一はもがき苦しむ。そんななか、12月の全日本選手権に真凛が初出場、その応援席に太一の姿はなかった・・・。



 その下には女優としても活躍する11歳の望結(みゆ)と紗来(さら)。そんな子供たちを見守り、支え続ける父と母の思いは・・・。



 ナレーションを担当するのは米倉涼子、上戸彩、武井咲、そして19歳の期待の工藤綾乃。初ナレーションとなる工藤は「新たな分野に挑戦することで自分の可能性を広げられるのではないかと思っています。本田兄妹がそれぞれの夢に向かって精進する姿とともに番組を盛り上げられれば」と話している。

posted by 内田 at 02:05| Comment(0) | スポーツ フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

本田望結ちゃんの姉、本田真凜選手がフィギュアスケート女子世界ジュニアV!

子役の本田望結ちゃんのお姉さんが快挙!



望結ちゃんがスケートやっていて、



お姉さんもやっているとは聞いていたけど、



こんなにすごい選手だったのですね!



七田チャイルドアカデミーに通い、



右脳教育や心の教育を受けたことが、



演技のイマジネーションや、



ここぞという時でも集中力、平常心を



保てた要因なのかもしれませんね。



これからが大事。



マスコミも今まで以上に注目すると思う



けど、重圧に負けず、頑張ってほしい



 



【フィギュア】本田真凜、人気子役の妹・望結から刺激「平昌で金」

◆フィギュアスケート世界ジュニア選手権最終日(19日、ハンガリー・デブレツェン)



 女子フリーでショートプログラム2位の本田真凜(14)=大阪・関大中=が126・87点の1位となり、合計192・98点で日本女子7人目の優勝を果たした。日本人では05年大会を制した浅田真央の14歳5か月に次ぐ、14歳6か月での年少女王。妹で女優の望結(みゆ、11)の存在を大きな刺激にして、五輪メダリストへの登竜門を制した。樋口新葉(わかば、15)=東京・開智日本橋学園中=が2大会連続の3位。



【写真】本田真凜の妹で人気子役の本田望結



 無欲の14歳が、初出場の大舞台で一気に頂点に上り詰めた。本田は「調子が上がっていた」という3回転ルッツやサルコー―トウループの2連続3回転など、ジャンプを全て成功。演技が終わるとガッツポーズを何度も決め、浜田美栄コーチ(56)と抱き合った。「あっという間に終わった。楽しかったし、今までで一番のフリーができた」と笑みを浮かべた。



 スターへの登竜門で大物ぶりを発揮した。14歳6か月での優勝は05年の浅田真央より1か月だけ遅い日本歴代2位の年少記録。歴代優勝者には浅田や安藤美姫ら、後に世界女王にも輝いた選手が名を連ねている。今大会はジュニアGPファイナル(JGPF)女王のポリーナ・ツルスカヤが大会直前に欠場を表明し、SP1位のアリサ・フェディチキナ(ともにロシア)が棄権。JGPF銅メダリストの本田は、重圧がかかる舞台にも「自分の事に集中しようと思った」と気にせず、堂々とした演技でファンを魅了した。



 妹・望結の存在が大きな刺激になっている。幼少時から妹の現場を見学し「スケートとは比べものにならないくらい大変な世界」と感じた。朝3時起きで撮影に向かい、わずかな時間でもフィギュアスケートの練習に参加する姿に「両立して本当にすごい。尊敬している」と話す。世間から「ミユちゃんのお姉さん」と言われても「まだまだミユには勝てない。ミユがいるから今の自分がある」と謙虚な姿勢を崩さない。「感性が豊かで気持ちよく滑ると全部うまくいく」と浜田コーチが認めるように、大舞台で妹に負けない強心臓ぶりを発揮した。



 夢は広がる。「生まれてからほとんどスケートリンクにいる」という14歳が描くのは、2年後の平昌(ピョンチャン)五輪。「(五輪に出る)チャンスは何回かあると思うし、どこかで金メダルを取りたい。でも一番は平昌で金メダルを取りたい」。底知れない成長力で、一気に世界の頂点に立っても不思議はない。



 本田はフリーから一夜明けた20日、当地で取材に応じ「目標にもしていなかった順位を取れたのでびっくりしている。(優勝の)実感は全然ない」と笑顔で話した。今後は追われる立場になるが「緊張するかと思う。点数の目標を高くしてやっていきたい」と更なる飛躍を誓った。



 本田望結「望結は負けちゃうお姉ちゃんを見たくなかったので、本当にうれしいです。ショートとフリーをどちらもノーミスで、それを世界ジュニアの大舞台でしてしまうのは本当にすごい。今までもこれからも、お姉ちゃんは私の自慢です」



 ▽生まれ&家族 真凜は2001年8月21日、望結は04年6月1日、京都市生まれ。5人きょうだい。父・竜一さんは元スケート選手で、兄・太一と真凜が日本連盟の強化指定選手。



 ▽特技 真凜は料理で肉じゃが作りが得意。望結は水泳でバタフライが得意。



 ▽好きな食べ物 真凜はようかんだが、試合後のごほうびにはアイスクリームやケーキ。望結はプッチンプリン。



 ▽共演 「家政婦のミタ」でブレイクした望結だが、2人は13年にテレビ東京系で放映された「スケート靴の約束」で共演。姉妹役ではなかった。真凜の好きな芸能人は石原さとみ。



 ▽スケート 2人とも関大リンクで練習。学校から帰ると父の運転する車内で宿題をしながら移動する。憧れの選手は真凜が浅田真央、望結は姉・真凜。

posted by 内田 at 12:55| Comment(0) | スポーツ フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

フィギュア小塚崇彦 引退 トヨタ自動車の従業員として第二の人生 卓球 平野に続き連日の引退報道

フィギュアスケートの元日本代表で世界選手権銀メダリストの
小塚選手が引退を表明した。

卓球の平野選手に続き、連日の引退報道。。。

さびしいですが、3月という年度末も関係あるのかも。。

股関節の怪我で一時期引退も考えていたが、
最愛の妻、フジテレビの大島由香里アナとの結婚もあり、
不屈の精神で頑張ってきた。

大島アナも、一度落ちたフジテレビに翌年再度受験し
内定をもらうという、実は不屈の精神の持ち主。

今後はトヨタに就職し第二の人生を送るとの事。
そういえば、女子フィギュアの中野由香里さんも
フジテレビに就職し、今はすぽるとの担当。

まだ27歳、これからの活動にも注目していきたい。

フィギュア小塚崇彦が引退 第2の人生は「トヨタ自動車の従業員」

 今年2月にフジテレビ・大島由香里アナウンサー(32)と結婚した、フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪代表・小塚崇彦(27=トヨタ自動車)が15日、公式サイト内のブログで現役引退を発表した。



 冒頭で「今シーズンをもちまして現役引退を決意しました」と報告した小塚。現役生活の思い出についてバンクーバー五輪への出場、11年世界選手権での2位などに触れた後、「2014年の全日本選手権では、怪我の影響もありグランプリシリーズでも思うような結果が出ない中、やっと納得できる演技ができ、思わずガッツポーズをしたことなど、貴重な経験をする事ができました」とつづった。



 今後については「氷上を去ることになりますが、これまでの経験を活かし、トヨタ自動車の従業員として新たな人生を歩むことに致しました」と明かした。



 また、4月17日のスターズオンアイス最終公演(東京・代々木第一体育館)に特別参加し、ファンにあいさつすることも併せて発表した。
【フィギュア】小塚&フジ大島アナが結婚

 フィギュアスケート男子の小塚崇彦(26)=トヨタ自動車=が、婚約者でフジテレビの大島由香里アナ(32)と結婚したことが20日、分かった。



 2人は13年から交際を始め、昨年7月に婚約を発表。アイスショーのリハーサルを行った際に、観客のいないスケートリンクで、小塚がプロポーズしたと明かしていた。大島アナは婚約の際に小塚について「氷上で魅せる通りのまっすぐで純粋なところ、日本を背負って戦う姿を尊敬しています。どんな経験を通しても喜怒哀楽を心から共有でき、私の知らない世界を次々と見せてくれる人です」。小塚は「股関節のけがによるスランプでつらかった時期を支えてもらい、『スケートに戻ろう』と思わせてくれる存在になっていきました」と語っている。



 小塚は20日、自身のインスタグラムのプロフィル欄を「既婚」に変更した。



 <小塚崇彦>(こづか・たかひこ)1989年2月27日、愛知・名古屋市生まれ。26歳。父・嗣彦(つぐひこ)氏は68年のグルノーブル五輪のフィギュア代表。両親の影響で5歳から始め、06年に世界ジュニア選手権優勝。08年、GPファイナル2位。10年、バンクーバー五輪8位。同年の全日本選手権で男子初の父子V。11年、世界選手権銀メダル。身長170センチ、トヨタ自動車所属。



 <大島由香里>(おおしま・ゆかり)1984年1月24日、神奈川県出身。32歳。成城大経済学部卒。2007年4月、フジテレビ入社。新卒でフジテレビを受験して不合格となり、次の年に2度目の挑戦で内定を得た。同期は生野陽子アナ、中村光宏アナ。これまで担当した番組は「スーパーニュース」「ニュースJAPAN」など。165センチ。血液型O。


 
posted by 内田 at 04:07| Comment(0) | スポーツ フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。