スポンサードリンク

2016年04月14日

【第8節】サンウルブズ、再びチーターズに挑む!

リベンジなるか?!



山田、真壁の戦線離脱は痛いけど、



相手も1勝5敗と不調。



やられたらやり返す、倍返しだ!!



古いですかね。。。



高校日本代表がU19スコットランド代表に



リベンジを果たしたように、やり返して欲しい!



ただ、相手も南アフリカ最優秀選手に



輝いた、スプリングボクスのキーマン、



ルード・デヤハーが復帰!しかもホーム!



一筋縄ではいかなそうだ。



 



16点差負けの予想を覆せるか!? サンウルブズ、再びチーターズに挑む

 シンガポールでは1点差の接戦だったサンウルブズ対チーターズ戦だが、南アフリカのブルームフォンテインであす15日(現地時間)におこなわれる再戦は、16点前後の差がつくかもしれない、と南アのスポーツブックメーカーは見ている。勝つのはチーターズに違いない、と予想しているようだ。



サントリーの新監督に沢木氏! 新主将は2年目のSH流大



 今季スーパーラグビーで唯一の未勝利チーム(6連敗)である新参のサンウルブズと、1勝5敗で同じく不調のチーターズ。

 ホームで戦えるチーターズが有利なのは当然で、シンガポール遠征に帯同しなかった南ア代表のLOルード・デヤハーが今回は先発することもブックメーカーが大きなハンディキャップをつけた要因だ。デヤハーは昨年のワールドカップでスプリングボックスのキーマンとなり、南アの年間最優秀選手賞に輝いた23歳のビッグスター。さらに、膝の負傷で長期離脱していた南ア代表8キャップ保持者のFLオウパ・モホジェも復活してベンチ入りしており、前回のチーターズよりも戦力はアップしている。



 一方、サンウルブズは、これまで5トライを挙げトライランキングで2位につけるWTB山田章仁が負傷離脱したのは痛い。代わりに、先週のストーマーズ戦ではアウトサイドCTBでプレーしたパエア ミフィポセチが左WTBにスイッチする。12−13はデレック・カーペンターと立川理道のコンビ。ストーマーズ戦は休みだったLO大野均とSOトゥシ・ピシは戦列復帰でスターティングラインナップに名を連ねた。LOのティモシー・ボンドはストーマーズ戦での危険なプレーで4週間の出場停止処分を科され、真壁伸弥も怪我で帰国したため、追加招集されたファアティンガ・レマルがベンチ入りでセカンドローのオプションとなる。





<サンウルブズ 試合登録メンバー/第8節 チーターズ戦> 



1.三上正貴(東芝)  2.堀江翔太(主将/パナソニック)  3.浅原拓真(東芝)  4.大野均(東芝)  5.リアキ・モリ(前ブルーズ/NZ)  6.トーマス・レオナルディ(元アルゼンチン代表)  7.アンドリュー・ドゥルタロ(アメリカ代表)  8.エドワード・カーク(前レッズ/豪州)  9.矢富勇毅(ヤマハ発動機)  10.トゥシ・ピシ(サモア代表)  11.パエア ミフィポセチ(NTTドコモ)  12.デレック・カーペンター(前トヨタ自動車)  13.立川理道(クボタ)  14.ビリアミ・ロロヘア(タスマン/NZ)  15.リアン・フィルヨーン(NTTドコモ)



〔リザーブ〕

16.木津武士(神戸製鋼)  17.具智元(拓殖大)  18.垣永真之介(サントリー)  19.ファアティンガ・レマル(宗像サニックス)  20.細田佳也(NEC)  21.茂野海人(NEC)  22.田村優(NEC)  23.笹倉康誉(パナソニック)

posted by 内田 at 23:58| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。